文化庁 文化観光note

「文化庁 文化観光note」では、「文化観光」に関する考え方や事例紹介を中心に、文化と観光のよき関係性をつくるための発信を行っていきます。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/index.html

文化庁 文化観光note

「文化庁 文化観光note」では、「文化観光」に関する考え方や事例紹介を中心に、文化と観光のよき関係性をつくるための発信を行っていきます。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/index.html

    記事一覧

    指定寄附⾦制度、クラウドファンディング、助成団体、地域活性化ファンドからの投資について学ぶ:文化財保護のための資金調達ハ…

    日本の各地域には、歴史文化を支える多種多様な文化財が多数存在しています。しかし、過疎化や少子高齢化などを背景として「文化財継承の担い手」が不足しており、各地域の…

    「文化と観光は切っても切り離せない関係にある」同志社大学教授の太下義之が語る、文化観光推進のためのステップ

    これからの時代の「文化」と「観光」のよい関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。その第一弾では、文化政策や創造経済の研究者であり、国…

    指定寄附⾦制度、クラウドファンディング、助成団体、地域活性化ファンドからの投資について学ぶ:文化財保護のための資金調達ハンドブック(2)

    指定寄附⾦制度、クラウドファンディング、助成団体、地域活性化ファンドからの投資について学ぶ:文化財保護のための資金調達ハンドブック(2)

    日本の各地域には、歴史文化を支える多種多様な文化財が多数存在しています。しかし、過疎化や少子高齢化などを背景として「文化財継承の担い手」が不足しており、各地域の文化財は滅失・散逸等の危機に瀕しています。

    所有者の努力だけでは文化財の維持・継承は困難であり、いま行政等の支援に加えて地域社会全体で各地域の歴史文化を支える仕組みが求められています。

    全3本となる本連載の第2回では、文化庁地域文化創生

    もっとみる
    「文化と観光は切っても切り離せない関係にある」同志社大学教授の太下義之が語る、文化観光推進のためのステップ

    「文化と観光は切っても切り離せない関係にある」同志社大学教授の太下義之が語る、文化観光推進のためのステップ

    これからの時代の「文化」と「観光」のよい関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。その第一弾では、文化政策や創造経済の研究者であり、国立美術館理事の経験も持つ、同志社大学教授の太下義之先生に話を伺いました。

    太下先生は「そもそも文化と観光は切っても切り離せない関係にある」と言います。2025年の大阪万博における「プラス・オオサカ」構想などにも触れていただきながら、文化と

    もっとみる