文化庁 文化観光note

「文化庁 文化観光note」では、「文化観光」に関する考え方や事例紹介を中心に、文化と観光のよき関係性をつくるための発信を行っていきます。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/index.html

文化庁 文化観光note

「文化庁 文化観光note」では、「文化観光」に関する考え方や事例紹介を中心に、文化と観光のよき関係性をつくるための発信を行っていきます。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/bunkakanko/index.html

    記事一覧

    「文化」は社会を支えるOSになっていく。同志社大学・河島伸子先生に聞く、文化を“経営する”とは?

    これからの時代の「文化」と「観光」のよき関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。最後にお話を聞いたのは、同志社大学経済学部教授で、文…

    「文化」と「観光」によって発展する都市の未来像:「創造都市」研究者・佐々木雅幸先生インタビュー

    これからの時代の「文化」と「観光」のよき関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。第四弾はUNESCOが推進し、世界銀行でも推奨され、全世界…

    文化財を活用した「ユニークベニュー」のケーススタディー集<参加型>(3)

    歴史的建造物・神社仏閣・城跡・美術館・博物館などの独特な雰囲気を持つ空間を、イベントなどの会場にして、特別な体験を届けることができる「ユニークベニュー」の活用が…

    文化財の「保存」と「活用」の視点を持ち合わせたジェネラリストへ。九州国立博物館の島谷弘幸館長に聞く、文化観光時代のミュー…

    これからの時代の「文化」と「観光」のよき関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。第三弾は、九州国立博物館の島谷弘幸館長にお話を伺いま…

    文化財を活用した「ユニークベニュー」のケーススタディー集<劇場型>(2)

    歴史的建造物・神社仏閣・城跡・美術館・博物館などの独特な雰囲気を持つ空間を、イベントなどの会場にして特別な体験を届けられる「ユニークベニュー」の活用が進んでいま…

    「観光」と「文化」の連携が、100年先の地域社会を豊かにする:日本政府観光局(JNTO)理事・ 蔵持京治氏インタビュー

    これからの時代の「文化」と「観光」のよい関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。その第二弾では、日本政府観光局(JNTO)理事の蔵持京治…

    「文化」は社会を支えるOSになっていく。同志社大学・河島伸子先生に聞く、文化を“経営する”とは?

    「文化」は社会を支えるOSになっていく。同志社大学・河島伸子先生に聞く、文化を“経営する”とは?

    これからの時代の「文化」と「観光」のよき関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。最後にお話を聞いたのは、同志社大学経済学部教授で、文化経済学が専門の河島伸子先生です。

    文化を守るためには経済が必要だが、経済偏重では文化が保存できない。文化政策を考えるときに突き当たる、文化と経済のバランス。文化と経済の関係を研究されてきた河島先生は「文化は社会のOSである」と語ります。

    もっとみる
    「文化」と「観光」によって発展する都市の未来像:「創造都市」研究者・佐々木雅幸先生インタビュー

    「文化」と「観光」によって発展する都市の未来像:「創造都市」研究者・佐々木雅幸先生インタビュー

    これからの時代の「文化」と「観光」のよき関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。第四弾はUNESCOが推進し、世界銀行でも推奨され、全世界に広がるまちづくりのあり方「創造都市」の第一人者であり、創造都市ネットワーク日本の顧問、佐々木雅幸先生に話を聞きました。

    創造都市の研究者や実践者が蓄積した20年の歴史には、数多くのヒントが詰まっていました。佐々木先生が実際に足を運

    もっとみる
    文化財を活用した「ユニークベニュー」のケーススタディー集<参加型>(3)

    文化財を活用した「ユニークベニュー」のケーススタディー集<参加型>(3)

    歴史的建造物・神社仏閣・城跡・美術館・博物館などの独特な雰囲気を持つ空間を、イベントなどの会場にして、特別な体験を届けることができる「ユニークベニュー」の活用が進んでいます。

    今回のnoteでは全国から集めたユニークベニューのケーススタディーや使用の際の注意点、法令などについて全4回の連載としてまとめました。3回目となる今回は、来場者が企画にジョインする形式を基本とする「参加型」の事例をご紹介し

    もっとみる
    文化財の「保存」と「活用」の視点を持ち合わせたジェネラリストへ。九州国立博物館の島谷弘幸館長に聞く、文化観光時代のミュージアムの役割

    文化財の「保存」と「活用」の視点を持ち合わせたジェネラリストへ。九州国立博物館の島谷弘幸館長に聞く、文化観光時代のミュージアムの役割

    これからの時代の「文化」と「観光」のよき関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。第三弾は、九州国立博物館の島谷弘幸館長にお話を伺いました。

    島谷館長は、文化財の保存と活用のバランスを理解した学芸員が、文化観光において重要な役割を果たすと考えています。現状のミュージアムが抱える課題と、文化と観光のよいバランスのとり方について聞きました。

    島谷弘幸
    九州国立博物館長。1

    もっとみる
    文化財を活用した「ユニークベニュー」のケーススタディー集<劇場型>(2)

    文化財を活用した「ユニークベニュー」のケーススタディー集<劇場型>(2)

    歴史的建造物・神社仏閣・城跡・美術館・博物館などの独特な雰囲気を持つ空間を、イベントなどの会場にして特別な体験を届けられる「ユニークベニュー」の活用が進んでいます。

    今回のnoteでは全国から集めたユニークベニューのケーススタディーや使用の際の注意点、法令などについて全4回の連載としてまとめました。連載2本目となる今回は、観客が来場する形式を基本とする「劇場型」の事例を全国から集めてご紹介します

    もっとみる
    「観光」と「文化」の連携が、100年先の地域社会を豊かにする:日本政府観光局(JNTO)理事・ 蔵持京治氏インタビュー

    「観光」と「文化」の連携が、100年先の地域社会を豊かにする:日本政府観光局(JNTO)理事・ 蔵持京治氏インタビュー

    これからの時代の「文化」と「観光」のよい関係性を探るべく、有識者の方々にインタビューをしていく連載シリーズ。その第二弾では、日本政府観光局(JNTO)理事の蔵持京治氏に話を伺いました。

    「文化」を深く理解するための観光のあり方から、50年後や100年後を見据えた文化関係者と観光事業者の連携まで、「文化観光」推進のために必要な考え方を存分に語っていただきました。

    蔵持京治
    日本政府観光局(JNT

    もっとみる